{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

商品のお取り扱いについて

タオルの取り扱い方法

初めてのご使用前には

新しいタオルには製造工程で付着したホコリや糸くずが含まれておりますので、初めてご使用いただく前に一度お洗濯していただくことをおすすめします。
お洗濯することで、ホコリはもちろんある程度毛羽も落ち、気持ちよくお使いいただくことができます。

パイル抜けは根本で切る

パイルは爪などでもひっかかりやすく、ファスナーやマジックテープと一緒に洗うとパイルが抜け、引きつれてしまうことがあります。
軽微なパイル抜けの場合は生地が織られた方向に引っ張り、パイルの根本をカットしてください。
抜けた部分を切っても、他の部分まで伝線して抜けていくことはございません。
切らずに放置すると他の洗濯物に引っ掛けて一層パイル抜けがひどくなる可能性がございます。

正しいお洗濯方法

洗濯時は詰め込みすぎず、ゆったりと、洗濯機の中でタオルが泳ぐくらい、多めの水量で洗ってください。
詰め込みすぎは、落ちた毛羽がタオルに再付着する原因となってしまいます。
また、濃色の物は色移り防止のため、必ず他の物と分けてお洗濯下さい。漬け置きは色落ちしやすくなります。

柔軟剤はタオルが固くなってきたと感じたら少量使いましょう。柔軟剤は繊維をほぐし柔らかさを保てますが、成分の油分により吸水性を損ねたり毛羽落ちの原因となります。

洗濯後すぐにパタパタとよく振って形を整え、風通しの良い日陰に干してください。振ることで繊維が立ち、ふっくらと気持ちのいい使用感になります。